アニメやゲームが好きという人のための仕事

アニメやマンガ、ゲームが好きという人ならやはり将来その分野で仕事をしてみたいと考えるものでしょう。
仕事の種類としてはアニメを作成する仕事となるアニメーターなどのスタッフ、マンガを描く漫画家やイラストレーター、ゲームを製作するゲームクリエーターなどがあります。
ですがまず最初にしっかりと踏まえておきたいのが、それらマンガやアニメ、ゲームに関わる仕事は決して恵まれた仕事環境にあるわけではなく、長時間の仕事に対しての給与が他の業界よりも少なめになってしまうこともよくあるということです。
業界全体としてその環境を改善させようという動きはあるものの、完全に業界全体が十分な労働環境を確保していくためにはかなりの時間がかかります。
ですので、思うような仕事につけるまでかなり厳しい経済状況におかれたり、あこがれの仕事に就いてはみたものの十分な給与を受けることができないということもあるという覚悟はしっかりと頭に入れておく必要があります。

仕事を1つずつみていくと、まずアニメ制作に関わる仕事があります。
アニメに関する仕事を大きく分けると、まず放映されるアニメを作成する「アニメ制作スタジオ」への勤務、OVAなどを作成する「ビデオメーカー関連」、アニメに関わるイベントを企画するための「イベント製作・企画企業」、またアニメに関する雑誌を作る「アニメ雑誌出版」、その他広告や宣伝を担当する「広告代理店関連」といったものがあります。
また最近若い世代に大変人気のある「声優関連事務所」で声優もしくはマネージャーとして就職するという方法があります。
中でもアニメ制作に関わる仕事は監督やディレクターを始めとし、音響スタッフや編集者などかなりたくさんの人材が集まる場所です。
それらの仕事は最初からアニメの仕事がしたいという人もいますが、中には映画やテレビに関する仕事をしているうち、アニメ業界からのオファーを受けてそちらを本業にするようになったという人も多く見られます。
どの仕事に就くにしても、かなりの体力と精神力が必要になるということでは共通しているようです。

マンガに関してはもう少し単純で、各雑誌社に描いたマンガを持ち込んで漫画家としてデビューするという方法があります。
売り込み方法は難しいですし、一人前として認められるまでにはかなりの道のりがありますが、強い意志を持って継続していくことで漫画家として生活をしていくこともできます。

最後のゲーム業界ですが、こちらは非常に時代のニーズの影響を受けやすい業界です。
十年ほど前までは筐体式のゲーム機開発が花型産業でしたが、現在は携帯ゲームを経てスマホでのアプリによるゲームへと流行が変化してきています。
それらに対応できるゲームの知識とプログラムの技術が必要になります。

Posted in 芸術が好き. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.