コーディネートの仕事

スタイリストの仕事について

ファッション関連の仕事に就きたいという方はスタイリストの仕事もお勧めです。
スタイリストはモデルやタレントの方のコーディネートをする仕事です。
テレビやショーなどに出演する方がより見栄えがするようにコーディネートをするのが仕事です。

モデルやタレントの方は普段からお洒落に気を付けている方も多いですが、よりテレビなどで存在感を発揮するには専門的な知識を持った方がコーディネートする方がより効果的な演出ができます。
その方の魅力を最大限に引き出すようなコーディネートを考えるのがスタイリストの仕事です。

スタイリストとして仕事をするには

スタイリストとして仕事をしたいと思ったら、大きく分けて二つの方法があります。
まずはスタイリストが多数所属している事務所に所属するということです。
タレントなどのコーディネートを行なえるスタイリストが多数在籍している事務所があり、そこには多くの依頼が来ます。
その依頼を担当してコーディネートすることで仕事をしていくというスタイルです。
事務所の社員として仕事をすることになるので、比較的安定して仕事ができると言えます。

良いコーディネートをしてくれる方やタレントやモデルの方に気を遣える方は人気が出やすくなります。
実力が付いてくると指名でコーディネートの依頼が入ることもあり、より多くの仕事を担当できたり、大物アーティストやモデルなどのコーディネートまで担当できるようになります。

また、フリーランスとして活動することもできます。
独立してスタイリストとして仕事を受けて、コーディネートの仕事をこなしていきます。
こちらも実績がつけばさらにあなたに依頼が舞い込んで来て、より評価されればあなたを指名する方も多くなります。
最初はスタイリストの事務所で仕事を始めて経験を積んだら独立するという方も多くなっています。
独立すると仕事を取るのは自分次第にはなりますが、その分収入も高くなりやすくなります。
あなたに向いていると考える方でスタートすると良いでしょう。

人脈も豊富になる

スタイリストとして仕事をするとお客様がタレントやモデルの方になるため、豊富な人脈ができるというのがメリットです。
一般的には出会えないような有名人の方とも接することができるようになり、あなたの人生にも大きな影響を与えてくれるはずです。
芸能界はとても競争が激しい業界なので、そこで生き残っている方はとても努力をしているはずです。
そうした努力を垣間みることができるので、あなたの仕事の力もアップするのです。
そしてそれがまた、良い仕事につながっていきます。

スタイリストは最初は実力を付けるのが大変かもしれません。
ですが、一度実力が付くとその活動の幅はとても広くなるので、ぜひチャレンジしてみるのもお勧めです。

Posted in 芸術が好き. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.