Webデザイナーになるには

Webデザイナーの現状

Webデザイナーとは、私達がインターネットで目にするサイトを作成するためのデザインを行う仕事です。

一時期はWebのデザインをするだけで数十万円のデザイン料をとることができたという時代もあったのですが、今では一般の人でも手軽にサイトを作れるようになってきたことから、デザインそのもので高い報酬を得るというのはちょっとむずかしいというのが現状です。

ですがWebサイトはインターネットがある限り必ず誰かが作っていかなくてはいけないものであるため、仕事そのものがなくなるということはしばらくはないでしょう。

Webデザイナーになるためには特に必要な資格はありませんが、お客さんから受注をしてデザインをするときには、きちんとしたITに関する知識が求められてきます。

Webデザイナーになるためのルート

Webデザイナーになるためには、専門学校や通信教育で基本的な知識を得るという他、実際にデザインを行う企業に勤務をしてそこでノウハウを学ぶという方法があります。

WebデザインはDTPというチラシなどのレイアウトを行う技術と使用するアプリケーションや技術が近いため、印刷会社でデザインの仕事をしながらWebの世界に入るという人も多いようです。

勉強も大事ですが、Webという常に進化するものを扱う仕事柄とにかく実際の経験を多く積んでいくということが必要です。

印刷会社やデザイン会社に勤務をしてデザイナーとして働く他、最近ではフリーランスとしてデザインを専門に請け負う個人の人も増えているようです。

ここ数年では大企業も自社内ではデザインは行わず、費用の安い個人に発注をするケースが増えているので、自分のペースで仕事をしていきたいという人にはおすすめの仕事と言えます。

Posted in 芸術が好き. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.