エステティシャンになるには

エステティシャンはビューティーアドバイザー

エステティシャンとは、お客様の美をトータル的にサポートし、マッサージやケアなどの施術、アドバイスなどを行っていく、ビューティーアドバイザーの一種です。
主にエステサロンなどでお仕事をしていくことがメインとなりますが、エステティシャンとしての知識を生かして、ビューティーアドバイザーとしてフリーで働いているという方も少なくありません。

主に女性が主流となっている職場ではあるものの、近年ではメンズエステの成長も目覚ましく、男性エステティシャンの割合も格段に増えつつあります。
男女ともに目指すことが出来る職業ですので、職業の壁を感じることはありません。
しっかりと知識と技術を身につければ、どんな人でもエステティシャンの道を歩むことが出来るでしょう。

エステティシャンになるには学校へ行く?

エステティシャンになるためには、やはり基本的知識と技術を身に着けるために、美容系の短大や専門学校に通う道が一般的であると言えるでしょう。
専門学校に通うことで、人間の体の機能や皮膚の構造などの、お客様の体の構造を理解し、施術の際に非常に役立つと言えますので、まずは学校でこうした基本的人体構造を学ぶと同時に、基本的施術技術、基本的な接客技術を学ぶことが大切だと言えるでしょう。

また、学校に通わずともエステティシャンの職場によっては、専門学校を卒業していない場合でも、研修制度がある職場によっては、研修を受けて勉強をしつつ、エステティシャンとしての基本的な知識と技術を学んでいく場もあるようです。

こちらの場合は、社会人として働いていて学校に通う暇がないという方や、学校に通うお金はないという方など、出来るだけお手頃価格でエステティシャンになりたいという方のための方法と言えますが、非常に狭き門で、面接の難易度も高いと言えますので、出来れば専門学校に通って技術を学んでからの方が賢明だと言えるでしょう。

エステティシャンに必要な資格やスキルは様々

エステティシャンとして働くために必要な資格などは特にありませんが、就職の際に有利になる資格としては、AEA認定エステティシャン資格や、エステティック資格、認定フェイシャルエステティシャン資格、認定ボディエステティシャン資格など、様々な資格があります。

資格取得のためには試験を受ける必要がありますが、こうした試験対策をする際にも、専門学校で技術を学ぶことが非常に役立つと言えますので、是非ともまずは、専門学校などのスキル、技術を学ぶことが出来る場所に通い、基本的部分を学ぶように心がけましょう。

また、接客業になりますので、基本的接客能力や、コミュニケーション能力なども非常に重要になります。

Posted in 美容・ファッションが好き. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.