コンパニオンになるには

コンパニオンとはどんな仕事?

コンパニオンとは、イベントやショーなどの際に、ショーを華やかにする存在のことです。
宣伝をする商品の横に立ち、商品の案内を行ったり、イベントを盛り上げるために仕事を行う女性のことを指します。

コンパニオンと一口に言っても、イベント関連に赴くイベントコンパニオン、パーティーなどに赴くパーティーコンパニオン、ショーなどに赴くショーコンパニオンなど、様々な種類があります。
いずれもほとんどの場合、コンパニオンの事務所に登録を行い、仕事を事務所から貰うという方が多いと言えるでしょう。

コンパニオンになるには容姿が重要?

コンパニオンになるためには上記の通り、コンパニオンの所属事務所に登録、所属する必要がありますが、コンパニオンの事務所に登録するためにも、ほとんどの場合オーディションが開催され、ある一定の基準をクリアした人だけが勝ち抜くことが出来る、厳しい道だと言えるでしょう。

具体的には、身長が高めの方、スタイルが良い方、容姿端麗な方を中心に選ばれることが多く、年齢層も20代~30代前半の、若々しい、美しい女性が選ばれることが多いと言えるでしょう。
いわゆるモデル体型の方やミスキャンパスのようなタイプの女性が選ばれることが多く、容姿の面である一定の基準をクリアしていないと、所属自体が難しいと言えます。
事務所によっては容姿以外にも、立ち姿や笑顔、話し方などもしっかりとチェックし、厳しい審査に勝ち抜いた人を所属させる傾向があると言われています。

もちろん事務所によっては、誰でも登録できるような場所もありますが、そういった事務所は仕事が少なかったり、仕事内容が悪かったりする場合がありますので、事務所選びには注意が必要です。
また、そういった事務所である程度実績と経験を積んでから、大きい事務所のオーディションを受けるというのも一つの方法だと言えるでしょう。

コンパニオンに資格は必要?

特に必要な資格はありませんが、とにかくルックス面が重要視されますので、自分磨きが何よりも重要になるでしょう。
身だしなみは自分で行うことが基本ですので、ヘアメイクもしっかりと、露出が多い服装をすることもありますので、ムダ毛の処理などもしっかりと行うことも大切です。
自分に厳しい女性が多いため、他人にも厳しい女性が多く、時によってはきついあたり方をされる場合もありますので、タフな精神力や、コミュニケーション能力も必要になります。

また、事務所によってはレッスンなどが行われる場合もありますので、そうしたレッスンで自分を磨きながら、実力を磨きつつ、自己アピールを行って仕事を獲得していくことも大切になります。

Posted in 美容・ファッションが好き. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.