染色工になるには

染色工とは専門技術を求められる仕事

染色工とは、織物や糸、布などに、染色加工を施していく、染色に関するエキスパートを指します。

染色するものや方法は職場によって異なりますが、職人の独自の手法を用いて染色を行っていくという場もあれば、電子制御の機械を利用して加工を行っていき、その後の仕上げをチェックするなど、アナログ方式、デジタル方式両面で仕事を行っていくという染色工が多いでしょう。

また色を付けるだけではなく、素材のしわ加工や、起毛加工、コーティング加工や撥水加工など、商品によっては染色の他にも様々なコーティングを依頼されることもあり、必要に応じて、商品にそうした加工も行っていくことが仕事となります。
加工後は必ず自身の目で最終判断を行い、問題がないと判断された商品のみが出荷されていきます。

染色工になるためには技術が必要

染色工はその職業柄、布地や材質、染料や薬品に関して、科学的知識が求められることが多いです。
それと同時に、求められている加工をするためにはどうすれば良いのかの判断力が求められますので、こうした知識を身に着けるために、工業系学校の染色科などで勉強をしておくと良いと言えるでしょう。

企業に勤めた際に改めて説明を受けることもありますが、こうした基本的知識を持っている状態の方は職場でも重宝されやすいので、まずは染色科などで基本的知識を身に着けておくことをお勧めします。

また、職人による特殊な加工などの場合、弟子入りをすることが近道ではありますが、どうしても技術を学ぶまでに時間がかかる場合もありますので、まずは基本的知識をざっと身に着けてから、弟子入り志願をするという方法も有りだと言えるでしょう。

染色工に必要なのは美的センス

このように、染色系に関する基本的知識を持っているに越したことはありませんが、他にも、染色工が染色方法に関してのアドバイス(カラーリングや材質の加工、手触りに関して等)を求められる場合もありますので、美的感覚も必要になると言えるでしょう。

これが無いと働けないという資格などは特にありませんが、就職してからアドバイスを求められた際などに困らないためにも、ファッション感覚、カラー感覚など、「ある程度の一般的知識を身に着けておく他、機械染色工の場合は、機械の基本的扱い方もある程度は学んでおく必要があると言えます。

最終的には機械の場合でも、自身の目で見て、触ってみての判断になりますので、トータル的な美的センス、美的感覚は必要になると言えます。

こうした美的感覚類を学ぶためにも、ファッション、カラーコーディネート、材質に関する事柄を、知識として勉強しておくことが大切になると言えるでしょう。

Posted in 美容・ファッションが好き. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.