美容師になるには

美容師ってどんな仕事?

美容師は、お客様のヘアカット、ヘアアレンジ、パーマや染毛などを始めとしたヘアスタイリングをはじめ、必要に応じてヘアケア、ヘアに関するアドバイス、トリートメントやヘッドスパなどの、髪の毛に関するトータルコーディネートを行う仕事として知られています。
美容師になるためには美容師資格を取得する必要がありますが、就職先は人それぞれで、美容室で働くという方や、スタイリスト事務所に所属するという方、結婚式場の専属ヘアスタイリストとして就職する方など、様々な就職先があると言えるでしょう。

いずれの就職先も研修期間があり、就職後は先輩のサポートに回りながら、基本的技術を学びつつ、お客さんに満足して貰えるようなスタイリストになれるように精進し、人によっては、独立をするという方もいるようです。

美容師になる方法は?

美容師になるためには、根本的に美容師免許を取得する必要があります。
美容師免許を取得するためには、専門の養成機関で技術と知識を学び、養成機関を卒業後、国家試験を受験し、合格したら、美容師免許取得という流れになります。

養成機関は基本的に二年制(通信制の場合三年制)ですが、ある一定の技術が学べていないと留年、退学という場合もありますので、しっかりと勉強をすることが必要になります。
また無事に卒業が出来ても国家試験に合格しないと美容師免許を取得することが出来ませんので、在学中もしっかりと勉強をする必要があると言えるでしょう。

美容師に必要な資格やスキルは?

美容師になるためには上記の通り、美容師免許が必要不可欠になりますが、その他にも、まずは高い接客スキルが必要になります。

髪型はお客様の日頃の生活を左右する非常に重要な部分となりますので、失敗は許されません。
そのため、お客様の要望をしっかりとチェックして、必要に応じてお客様に似合いそうなヘアスタイルをご提案、お客様にヘアスタイルのアドバイスをしていくことが、美容師の仕事内容だと言えるでしょう。

また、美容室の仕事の場合は、最初のうちは特に、体力と精神力が重要になります。
最初はカットどころか、基本的に掃除業務などが主になるのですが、店舗によっては店舗内で昇進試験などがありますので、試験を受けるために、営業時間が終了したら、自発的にカット練習や勉強などをする必要があります。

その次の日も朝早くから来て準備や練習をしたりなどする必要がありますので、ある程度実力が付き、先輩たちからも信頼されるまでは、非常に厳しい勤務となると言えるでしょう。
ですが、ある程度実力が付き、顧客もつくようになればこちらのものですので、諦めない心が重要です。

Posted in 美容・ファッションが好き. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.