メイクアップアーティストになるには

メイクアップアーティストってどんな仕事?

メイクアップアーティストとは、顧客にメイクを施すお仕事のことですが、顧客によって、広告業界などのクライアントが付く場合や、ウェディングで花嫁さんにメイクを施すという場合、雑誌やドラマの撮影などでメイクを施す場合という場合など、その時によって状況に合わせた対応力、メイク方法などが求められる仕事と言えますので、正に、メイクのプロであると言えるでしょう。
状況によってはヘアスタイリングなどを兼用して行うことも少なくありませんので、非常に大忙しな現場になることもあります。

メイクアップアーティストの就職先は、メイクアップアーティスト専門のプロダクションをはじめ、ブライダルサロン、化粧品メーカーなどを始め、ある程度人脈がある方の場合は、フリーで活動をしている方も少なくありません。

メイクアップアーティストになるまでの道程

メイクアップアーティストになるためにはまず、メイクの基本的技術、幅広い技術を学ぶ必要があります。
特にルートが決められているわけではありませんが、多くの場合、美容系専門学校やメイクアップ専門学校などの学校に通って、卒業後に就職するというケースが多いでしょう。
学校に行くことで先生や生徒同士で人脈作りにも繋がりますので、将来的に独立を考えているという方の場合は特に、学校選びにも気を遣う必要があります。

また学校の場合ですと、基本のメイクスキルの他にも、様々なスキル(ヘア、素大利リング、ファッション、ネイルなど)を学ぶことも出来ますので、メイクアップアーティストになるためには、欠かせない知識を得ることが出来ると言えるでしょう。

メイクアップアーティストに必要な資格やスキル

絶対に必要な資格というものは特にありませんが、美容系資格全般は、就職のためにも、知識としても学んでおいて損はありませんので、出来るだけ取得することをお勧めします。
また、最も大切なのが適応力、応用能力です。
メイクアップアーティストとして実際に活動をしていると、現場によっては必要な器具が全て揃っていないという場合に出くわすことも多く、万が一そうなった時に、固まってしまったらアウトになります。

そうなったらなったでどうにかする方法を考えて実行し結果を出すという適応力が求められますので、応用力を学ぶためにも、まずはフリーとしてではなく、先輩の元で学びつつ、人脈を少しずつ広げていくという方法を取っているメイクアップアーティストの方が多いと言えるでしょう。

もちろん、高いコミュニケーション能力も必要になりますので、技術だけではなく、会話能力もしっかりと身に着けることが重要になります。

Posted in 美容・ファッションが好き. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.