リフォーマーになるには

リフォーマーは新たな命を吹き込む仕事

リフォーマーとは、今ある洋服などを全く別の商品に作り変えて、新しく使うことが出来るようにする、リフォームの達人的存在です。
例えば、タンスの中にある使わなくなったワンピースをリフォーマーして、ブラウスに作り変えたり、ポーチに作り変えたりなどするのですが、非常に美的センス、ファッションセンスが問われるお仕事ですので、やりがいを感じるというプロの方も多いようです。

リフォーマーは主に、リフォームショップで働いたり、依頼を受けて商品のリフォームを顧客と個別に行っていったりなどが主な仕事となりますが、顧客と直接やり取りをする際には特に、お客様の思い出の詰まった商品をリフォーム依頼される場合がありますので、失敗が許されません。

ですが、しっかりと話し合いを行い、お客様のイメージに沿った商品を提供することが出来れば、その後も何度も来店してくださると言えるでしょう。
思い出の品に新たな命を吹き込むということも、リフォーマーの仕事だと言えます。

リフォーマーになる方法は?

リフォーマーとして仕事をするためには、まずは基本的な洋裁技術や和裁技術など、裁縫技術が必要になります。
そのため、服飾系統の専門学校で基本的技術を学び、自分のセンスを磨いていくことが大切になると言えるでしょう。

もちろん独学で技術を学ぶという方もいますが、就職をする際には特に、服飾関係の専門学校を出ている方が信頼をされやすくなりますので、就職を有利にするためにも、出来るだけ学校に通っておくことをおすすめします。

リフォーマーは資格を多く持っている有利

リフォーマーになるために絶対に必要な資格というものはありませんが、日本りフォーマ検定や、洋裁技術検定、カラーコーディネーター検定など、リフォーマーとして非常に重要な知識の部分である資格は、取っておくに越したことはないでしょう。
特にリフォーマー検定の場合は、就職の際に有利になることが多いので、取得することをお勧めします。

こうした資格面の他にも、リフォーマーには発想力、対応力、発案力が非常に重要になりますので、お客様のご希望に沿って作成することが出来るように、日々様々な分野に視野を広げて、広い世界を見ておくことが重要になると言えるでしょう。

また、最先端ファッションを常に勉強しておかないと、洋服のリフォームをする際に、流行遅れのダサい服を提供してしまう可能性が高いので、そうならないためにも、細心の流行、最近の服装などをしっかりとチェックしておき、お客様に満足して貰えるようなリフォームが出来るよう、見分を広めておきましょう。

知識技術、発想力は、とにかく必要な職業だと言えますよ。

Posted in 美容・ファッションが好き. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.