作家を目指す

文章が好きで空想力に自信がある人なら、一度は目指したいと思うのが作家・小説家ですね。

漫画家やイラストレーターの場合には絵心が必要な上、高額な作成のための機材が必要になってきますが、作家・小説家ならワープロソフトと才能さえあれば十分に仕事をしていくことができます。

昔に比べて若者が文章を読まなくなってきたというようなことも言われていますが、それでも根強く文章へのファンも多く、昔はなかったようなジャンルでも数多くの作家が募集されてきています。

当然いきなり売れっ子作家になれるというようなことはないので、場合によっては他の仕事をしながらコツコツと作品を作っていくという下積みの時代も続くかもしれませんが、それでも夢を追って自分の才能を試すことができる作家は一度は真剣に目指す価値があります。

作家・小説家になるためには、なんといっても出版主催のコンクールに応募をしてそこで賞を受けるのが最も近道になります。

インターネットでの公募紹介サイトや出版社の公式サイトを見ていると、定期的に刊行雑誌で作家募集をしていたり、また新人賞として作家活動をしていない人を対象にしたコンクールが開かれていたりします。

まずは目標とする雑誌や出版社を見つけて、そこでどのようなジャンルの小説が募集されているかということを細かくチェックしていくことが第一歩です。
参考までに、これまでそうしたコンクールで受賞をしてきた人を見てみると、過去に出版社や広告代理店に勤務して文章を仕事として書くことに慣れてきた人がかなり多く見られます。

とはいえ、そのような職業経験がある人だけでなく学生や専業主婦、全く違った職業についていた会社員などかなり広い層から受賞者がいるので、必ずしもこうしなければいけないというルートがあるわけではありません。

もし何度も持ち込みや応募をしているのになかなか思うように賞がとれないということなら、一度きちんと文章について勉強をしてみるというのもよい経験になります。

通学や通信教育のスクールでは、文章の書き方講座の一つとして小説の書き方が提供されています。
一度そうした本格的な文章のノウハウを学ぶと、かなり文章構成力のレベルが高まるのでそこから自分の発想力を表現力に変えていくことができます。

しかしながら実力もさながら運の要素も大きな仕事なので、あきらめずにどれほど本気で続けていけるかが成功するかどうかの大きなポイントになります。

Posted in 本が好き. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.