人と接して旅する仕事

人と接して旅をしながら仕事ができるのか

人とコミュニケーションを取りながら旅ができる仕事があります。
そんな仕事があるのかと思う方もいるかもしれませんが、あるのです。
それが、ツアーコンダクターと呼ばれる仕事です。
ツアコンとも呼ばれる仕事で、旅行をするお客さんの案内をする役割を果たす仕事です。
また、旅行中の案内に加えて旅行前の準備も行ないます。

観光業界では主な仕事として人気の仕事で、なりたいという方も多い仕事です。
旅行が好き、観光業界に興味があるという方はぜひ目指してみるのもお勧めの仕事です。

ツアーコンダクターの仕事内容

ツアーコンダクターの仕事は、まずはツアーの企画や準備を行ないます。
最近では格安で国内や海外を旅行できるツアーなども多く開催されていますが、そうしたツアーの企画や準備を行ないます。

ひとつのツアーができるためには沢山の準備が必要です。
ツアーで巡る観光地の選定の他にもバスなどの手配、途中で寄るお土産物屋などとの連絡など、沢山の準備が必要となりますが、これをツアーコンダクターは一人で担当することが多いです。
そのため業務が忙しくなることも多いですが、その分やりがいはとても大きな仕事です。
自分の企画や準備をしたツアーでお客さんが楽しんでいる姿を見ていると、とても嬉しい気持ちになるという方は多いです。

また、準備などが終わっても当日も仕事があります。
バスのツアーの場合は添乗員としてバスに乗り、お客さんに何かあった際に備える役割を果たします。
バスではお客さんが途中で体調を崩してしまうという可能性もあります。
そうした時にスムーズに対処できるようにツアーコンダクターが配慮していきます。

このように、ツアーコンダクターとしてやるべき仕事は多岐に割っているので一人前としてひとつのツアーを回せるようになるためにはある程度の経験が必要です。
最初は慣れないことも多いと思いますが、ひとつひとつ身に付けていくことが大切になります。
こうして一人前のツアーコンダクターとして仕事ができるようになると海外のツアーを任せてもらえたり、より大きなステージの仕事ができるようになります。
また、ツアーコンダクターを管理するマネジメントの仕事に就くこともあります。

憧れの仕事にチャレンジしよう

ツアーコンダクターはもちろん遊びではありませんが、観光名所などにお客さんと一緒に行く機会も多いです。
そのため旅行が好きな方は様々な観光地を楽しむことができる場合もあります。
仕事中はもちろんお客さんに気を配る必要がありますが、その中でも移動する時間を楽しむ気持ちを持って取り組めると良いでしょう。
興味がある方はぜひ検討してみるのもお勧めです。

Posted in 人が好き. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.