テレビや舞台が好きな人のための仕事

テレビ業界は今も花型業界として人気のある就職先となっています。
私達が普段から見ているテレビは、その番組ごとに担当するスタッフがおり出演者とともに番組を作っています。
テレビ局へ就職することで、そうした番組制作に携わっていくことができます。
テレビに関する仕事をしたいと思うのであれば、まずいちばんの近道になるのはこうしてテレビ局への就職です。

テレビ局に直接就職をする方法の他、番組制作会社に勤務をするという方法もあります。
テレビ番組はすべて局側が制作するものだけでなく、小規模の企業が依頼を受けて特的の番組を制作していくという方法もよくとられています。
その場合にはまず局の担当者と話し合いをしながらどのような番組を作るかを決め、予算やスケジュールに従って映像を制作していきます。

番組制作には、まず全体指揮をとるテレビプロデューサーとそれを編集するディレクター、さらにディレクターを手伝うAD(アシスタントディレクター)という仕事があります。
番組を制作するときには時間軸に従った台本が作成されますが、それを作成する放送作家といったこともテレビに関する仕事になります。
これら番組スタッフはいきなりその職業になるのではなく、最初はアルバイトなどで雑用スタッフとして参加しながら少しずつ人脈やキャリアを広げていって最終的に番組責任者になるという段階的なルートになっています。

またテレビ番組の中でも少し特殊なのがドラマを制作するスタッフです。
ドラマの場合、放送作家に代わって脚本家がシナリオを担当し、それを俳優さんたちが演じるものを演出家や映像監督によって編集されていきます。
こうしたドラマ制作のスタッフは舞台とも連動した部分が多く、もともと舞台での脚本を担当してきた人がテレビに転身するということもあります。

Posted in 人が好き. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.