結婚式のお手伝い仕事

ウエディングプランナーという仕事

結婚式は一生に一度のイベントで、こだわって挙式したいというカップルも多いです。
そうした結婚式に関わる仕事をしたいという方も多いですが、そうした方にお勧めなのがウエディングプランナーという仕事です。
結婚式を行うまでには様々な計画をする必要がありますが、カップルの二人と共にその計画を立てていくのがウエディングプランナーの仕事です。

華やかな結婚式場が職場となるので憧れの仕事と考えている方も多く、特に女性も多く活躍している仕事です。
結婚する二人の大切な時間を作るお手伝いができるので、やりがいもとても大きな仕事と言えます。
目指してみるのもお勧めの仕事です。

ウエディングプランナーの仕事内容

ウエディングプランナーは結婚式の準備と当日の運営を行ないます。
結婚式の挙式を検討しているカップルが結婚式場を訪れますが、ここからウエディングプランナーの仕事は始まります。

まずはカップルの要望などをヒアリングし、どのような結婚式を挙げたいのかをはっきりさせていきます。
どのようなイメージの結婚式を挙げたいのか、参加者はどのくらいの人数なのか、予算はどれくらいなのかなど、それぞれのポイントについて細かく相談をしていきます。
結婚式は大きな費用がかかるイメージがありますが、それだけ様々な所にポイントがあるイベントです。
そうした細かなポイントひとつひとつについて、ウエディングプランナーは十分に把握しておく必要があります。

そのためウエディングプランナーとして一人前の仕事ができるようになるためにはある程度の期間が必要になります。
最初は先輩のプランナーの方と一緒に仕事をして慣れていきますが、そこから徐々に自分だけで提案ができるようにしていく必要があります。
一人で一組のカップルの挙式のプランを作り上げることができるようにあると、とても達成感の大きな仕事をすることができます。
また、カップルの方も結婚式を挙げた後に感謝の言葉をかけてもらえることも多いので、そうしたお客さんからの感謝の言葉がとても大きなやりがいになるという方も多いです。

資格は絶対ではないがあると有利

ウエディングプランナーになるためには資格は必要ありませんが、持っておくとより有利になります。
専門学校などのスクールでウエディングプランナーの資格を取得するために必要なことを学ぶことができるので、興味のある方は検討すると良いでしょう。
ですが、あくまでも資格なので、あるとプラスアルファとして少し有利になるというイメージで考えておく方が良いでしょう。

以上、ウエディングプランナーについてご紹介してきました。
一人前として仕事ができるようになると大きなやりがいや喜びのある仕事なので、ぜひ検討してみるのもお勧めです。

Posted in 人が好き. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.