求人広告を見る時のポイント

求人広告をチェックしよう

転職活動で企業に応募する際には、「求人広告」を確認することになります。
企業からすると「広告を出して、人材を募集する」という見方ができるため、求人広告という呼び方をするのです。

求人広告を見る際には、必ず押さえておくべきポイントがあります。
基本的なチェック項目を確認して、求人広告を見てみましょう。

求人広告で確認すべき項目

求人広告の中でまず確認するべき点は、「仕事内容」です。
その企業へ入社したらどのような仕事をすることになるのか、きちんと確認しておきましょう。
仕事のやりがいを重視する場合には、特にしっかりとチェックしておくことが大切です。
あなたの思い描いているような仕事ができるかどうか、求人広告の内容から判断しましょう。

次に「収入」も確認しましょう。
その仕事に取り組むことで、どの程度の収入を得ることができるのかを把握します。

仕事はやりがいも大切ですが、収入を得るために行うことも多いはずです。
そのため収入については適当に考えず、しっかりと確認しましょう。
また、「賞与実績」などが掲載されていれば、これも確認しておくべきです。
賞与が毎年支給されている企業は、「業績が安定している」と考えることができます。

また、「残業がどの程度あるのか」についても確認しましょう。
多くの企業で、残業は1~2時間ほどあるのが一般的となっています。
企業によっては残業が少ないところもありますが、多少の残業は大丈夫と考えるほうが、応募できる企業の幅は広がります。
残業は求人広告の内容と異なることもあるため、面接でも確認するとより良いです。

さらに、「応募条件」も確認しましょう。
応募条件に当てはまっていないと、その求人に応募することができません。
特に「年齢」と「経験・スキル」の面で条件が設けられていることは多いため、確認しておきましょう。

例えば「35歳まで」と書かれていたら、基本的に35歳を超えている場合は応募することができません。
また、「実務経験3年以上」のような記載があれば、指定の経験年数がないと応募できません。

このように応募条件を満たしていないと、求人に興味が湧いたとしても入社は難しいです。
最初に必ず確認しておくべきことといえます。

「休日」についても確認しておくと良いです。
特にプライベートを重視する場合は、年間の休みが何日あるのかを確認しましょう。

しっかり求人を確認して、理想の転職を

求人広告で確認するべき点は、以上のようにたくさんあります。
しっかり確認してから応募や入社を決めると、より良い転職を実現しやすくなります。
また、転職してから、長く続けることができるはずです。
ぜひあなたにぴったり合った、理想の職場を見つけてください。

Posted in 転職マニュアル. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.