転職で人事に伝わる!面接で使える台詞

面接で有効な台詞を準備しておく

企業の面接を受けるときには、「企業に好印象をもってもらいやすい台詞」を準備しておくと良いです。
面接でとっさに自分のことをアピールしようとしても、上手く伝えられないことがあります。
そのため前もって台詞を用意しておくことで、スムーズに面接を切り抜けやすくなります。
特に面接で効果的なフレーズを紹介します。

面接で効果的なのは「前向きな台詞」

面接で効果の高い台詞は「前向きな台詞」です。
例えば「さらにステップアップしたいと考えて、御社の求人に応募させて頂きました」のような台詞は、今後さらに頑張ろうとしている姿勢を伝えることができます。

また、「前職では人間関係で失敗してしまいましたが、自分の弱さに気づいたため、今後は修正して仕事をしていきたいと思います」のような台詞も効果的です。
この言葉からは「自分の弱かった点を改善して、今後を頑張っていきたい」という姿勢が感じられ、企業が好印象をもちやすいのです。

ひとことで前向きな台詞といっても、ひとそれぞれでフレーズは変わります。
転職ノウハウによっては「理由は3つあります」「経営について学んでおります」のように、特定のフレーズが推奨されることもあります。
しかし表面的な言葉は、面接官からすぐに見抜かれてしまいます。
自分できちんと考えて、あなたなりの前向きな言葉を伝えられるよう準備してください。

自己分析をすることが大切

人によっては「前向きな言葉を、上手く思いつくことができない」ということがあるかもしれません。
この場合は時間をとって、自己分析を行いましょう。
自己分析は、「自分について掘り下げて考えること」を指します。
自分が本当はどのような仕事をしたいのか、どのような企業が理想なのか、などについて考えると、自然に前向きな台詞が思い浮かぶようになります。

人は自分について分かっているようで、意外と分かっていないものです。
きちんと自己分析を行うことは、頭を使います。
そのため大変に感じるかもしれませんが、転職の面接が通りやすくなり、理想の転職も実現しやすくなります。
そのため面倒がらずに取り組むことをおすすめします。

逆に「このフレーズを言えば大丈夫だ」と安易に考えると、面接で失敗する可能性が高くなります。
くれぐれも表面的な言葉だけに頼らないよう、注意してください。

なお、どうしても自己分析が難しかったり、面接で効果的な伝え方ができない場合には、転職エージェントのアドバイザーに相談するのも良いでしょう。
アドバイザーは、面接官に伝わる自己PRを一緒に考えてくれるはずです。

面接で伝えることが決まったら、当日までにしっかり話せるよう練習しておきましょう。
面接は準備がとても大切です。

Posted in 転職マニュアル. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.