転職でありがちな失敗

転職が失敗に終わるケースもある

転職は、より自分の希望に合った仕事をするために行うものです。
しかし場合によっては、転職したことでかえって仕事がやりにくくなってしまったり、収入が下がったりしてしまうことがあります。
こうした「失敗」の転職には、どのようなケースがあるのかを紹介します。

失敗の転職事例、4パターン

転職における失敗事例のひとつ目は、「やりがい重視で転職したら、忙しすぎた」というパターンです。
転職をする上で、「よりやりがいのある仕事をしたい」と考える人は多いです。
しかし意気込んで仕事を始めたものの、「思った以上に忙しすぎた」ということがあります。

いくらやりがいのある仕事でも、勤務時間が長すぎたり、休日出勤が多すぎたりすると、体を壊してしまいやすいです。
また、好きで始めた仕事でも、嫌になってしまう可能性があります。

そのためやりがいを重視することは良いものの、必ず「バランス」を見て仕事を選びましょう。
残業時間や休日の日数をよく確認することで、このような事態を防ぐことができます。

次に、「収入の高さに惹かれて入社したら、過酷なノルマを課された」という例もあります。
転職をする上で、収入アップを求める人も多いです。
しかし収入が高いことには、必ず理由があります。
それをきちんと確認せず、「給料が良いから」というだけで転職を決めてしまうと、あとで後悔することがあるのです。

「未経験でも月収30万円」「頑張りによって月50万円も可能」のような仕事は、過酷なノルマを課されたり、重労働であったりすることが多いです。
ノルマを達成できなければ求人情報にあった収入は期待できず、最悪の場合はクビもあり得ます。
収入だけでなく、きちんと仕事内容も確認するべきです。

また、「友達の紹介で入社したら、友達の評判が職場で悪かった」という場合もあります。
転職方法のひとつとして、「友人の紹介」があります。
友達に紹介してもらう形で転職すると、書類選考や面接が比較的緩めになることが多いです。
そのため気軽に転職を決めることがあります。

しかし場合によっては、仕事を紹介してくれた友人の評判が、職場で悪いことがあります。
するとあなたまで友人と同じ目で見られてしまうため、気をつける必要があります。

転職をする際には、しっかりと「確認」を

このように、転職は良いことばかりではなく、場合によっては「失敗」もあり得ます。
この場合、また転職活動を再開することになってしまいます。

転職を成功させるためには、きちんと「確認」をすることが大切です。
求人内容をひとつのポイントだけで判断せず、仕事内容、収入、休日や残業など、さまざまな点を総合的に判断しましょう。
そして転職先を決めれば、上で紹介したような失敗をすることは少なくなるはずです。

Posted in 転職マニュアル. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.