ゲームクリエイターになるには

ゲームクリエイターに仕事について

ゲームやコンピューターが好きという方はゲームクリエイターになりたいという方もいるかもしれません。
ゲームクリエイターは文字通りゲームを作る方のことを指します。
ゲームはプレイするのも楽しいですが、自分の手で作るのもまた楽しいものです。

ゲームによっては自分でゲームを作れるゲームというものもありますが、これはイチからゲームを作れる訳ではないので、仕事として本格的にゲーム制作をしたい方はゲームクリエイターになるのがお勧めです。

ここではゲームクリエイターになるための方法についてご紹介していきます。
参考にして頂くことで、あなたもゲームクリエイターになることができます。
ぜひチャレンジしてみてくださいね。

ゲームクリエイターに資格は必要ない

ゲームクリエイターになるためにはゲーム制作会社に就職や転職することが必要になります。
ゲームを作っている会社ではプログラミングやグラフィックデザイン、企画など、様々な分野で求人を募集しています。
その中からあなたができる、やりたいと思った仕事に応募すると良いでしょう。

ゲームクリエイターになるのに資格は必要ありません。
そのためなりたいと思ったら誰でもなることができます。
ただし、必要になるものもあります。
それはITスキルです。

ゲームはPCやスマートフォンなどでプレイするのが一般的ですが、こうした端末では専門的なIT技術が使用されています。
このIT技術について仕事で使える実践的なスキルを持っていないと、仕事を始めるのが難しい場合が多いです。
特に転職の場合は最初からスキルを求めている会社も多いので、あなたが十分なスキルを持っているかどうかは確認しておくと良いでしょう。
会社によって求めるレベルは異なっており、求人内容でチェックすることができます。

また、中には未経験でも歓迎の会社もあります。
こうした会社では最初は基本的なスキルを使っての作業的な仕事から始めながら徐々に慣れていくという流れで仕事が進んでいきます。
ゲームクリエイターとして仕事がしたいけれど今はまだ何もスキルがないという方はこうした会社で経験を積むのもお勧めです。
ただし、最初は学ぶことも非常に多く、やるべき仕事も膨大になることも多いです。
残業なども多くなることが予想できるので、頑張る気持ちを持ってスタートするのがお勧めです。

まずは学校で学ぶのもお勧め

また、まだ学生の方はこれから勉強をしてから仕事を始めるのもお勧めです。
専門学校や大学の情報系の学部で必要なことを学ぶことができます。
より専門的で実践的なスキルも身に付けることができるので、時間や費用が出せる方はまずは勉強もお勧めです。

自分の作ったゲームが世の中に販売されるという仕事はとてもやりがいの大きな仕事です。
ぜひ検討してみてくださいね。

Posted in パソコンやゲームが好き. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.