システムが開発したいという人のための仕事

IT系はこれからも日本の主幹産業として大きく成長していくことが期待される分野です。
情報処理に関わる学校で勉強をした人や、現在もシステムに関わる仕事をしている人にとっては目指すべき道は無数にあり、広く社会的分野で活動をしていくことができます。
システム開発は主に「オープン・Web系」「社内SE」「制御・ファームウェア・組み込み系」「ITコンサルタント・プリセールス」「パッケージソフト開発系」として分類がされています。

中でも現在の日本のIT産業において最も多くの人材が活躍しているのは「オープン・Web系」として分類されるもので、現在社会インフラとして機能をしているインターネットを通じたシステムを維持開発していくための専門的な業務を行います。

ただし同じく「オープン・Web系」として分類されるシステム開発業においてもその種類は非常に細かく分類がされており、基本的な開発にかかわる思想こそ同じようなものであるものの、使用される言語やソフト、経験やその他の知識・スキルはどのような業界に行くかによって全く異なっています。
また同じ分野の開発であっても使用される通信技術や暗号方式などは常に進化をしているので、開発に関わる人は日常的に勉強を重ね最新の技術に対応できる力を備えていかなければいけません。

そんなオープン系・Web系のシステム開発ですが、基本的にはシステム開発を請け負うどこかの企業に勤務をしてそこで受注をされるシステム開発を担当していくことになります。
大規模のITにベンダー系企業だけでなく、社員数人の小さな少数精鋭のIT企業もかなりたくさんあり、発注されるシステム開発の規模に従ってそれらの一部を担当していくというのが現状です。
会社に所属せずフリーで開発の一部を受けるフリーランスのプログラマーもおり、働き方や担当する業務もさまざまです。
システム開発を今後やっていきたいと考えるなら、まずは経験を積みつつ自分の得意分野をつくり、そこから担当できる業務の幅を広げていくということが大切になります。

システム開発に関わる仕事のよいところは、業種をまたいで広く活躍をすることができるということです。
金融系や流通系などは常に新しいシステム管理が必要になりますし、使用しているシステムの保守管理をする人材が必要になります。
またこれからは医療系のIT業務も増加していくことが予想されているので、それらにも対応できる知識がある開発者の需要は多いに高まっていくことでしょう。

Posted in パソコンやゲームが好き. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.