体を動かすのが好きな人の仕事

一日中同じ部屋の中にいて、机の上でパソコンとにらめっこしているような仕事よりも、外で体を動かしていた方がよいという人もいるでしょう。

そんな体を動かすのが好きな人に向いているのが、工事現場やドライバー、整備士といったいわゆるガテン系の仕事です。
ガテン系というと、どうもヘルメットをかぶったたくましい男性が道路を掘り返しているようなイメージがありますが、最近ではフォークリフトなど工業用の機器も高性能化しており、女性など力のない人でも比較的簡単に資格取得や現場仕事ができるようになってきました。
バスドライバーやタクシードライバーなど運転手系の仕事にも女性は多く進出してきており、今では特に性別にこだわりなく体を動かす仕事につけるようになっているようです。

建設関連の仕事は、日本国内だけでなく東アジアの各国で急速に普及しているインフラ整備の現場にも多くあります。
そのため、国内の建設関連業界に就職をした人であっても、アジアの各国に出張として赴くように言われることもあるようです。
工事現場における仕事には実際に重機を使って建物を使うことの他にも、交通整理など比較的力がなくてもできるものもあります。
最近ではこの交通整理の現場で、かなり若い女性なども多く働いている様子を見ることができるようになりました。

昔ながらのガテン系の仕事というと、建築関連のほか、とび職や造園士、大工、左官などといったものが挙げられます。

力仕事が必要でないものもあり、測量士や機器オペレーター、内装工、電気工事士といった仕事です。
ドライバー系の仕事にも、バスやタクシー以外に配達や個人で雇われる運転手という場合もあります。

ガテン系といってもそれまでのような偏見は既になく、仕事内容もオフィス仕事と遠い壁があるものでもなくなってきているようです。

ガテン系の仕事の特徴は、体力が資本であるということの他、比較的オフィス作業よりも給与面が高いということがあります。

職種にもよりますが単純作業ということで比較しても、力を使い気温など厳しい環境の中で仕事をすることになるガテン系の方が高い給与を貰えるように設定されているようです。
ガテン系の仕事の魅力はなんといっても退屈をしないということでしょう。

体を動かす仕事は仕事が終わったあとの充実感があり、心地良い疲労感を得ることができます。力仕事をすることでストレスを発散することもできます。
じっとしているのが苦手な人にはおすすめです。

Posted in 身体を動かすのが好き. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.