スポーツが好きな人の仕事

体を動かすのは好きだけど、ガテン系のような危険や汚れのあるような仕事はちょっと、という人にはスポーツ関連の仕事につくのがおすすめです。

スポーツ関連の仕事では、スポーツジムのインストラクターやプログラマーの仕事が最も一般的です。
ダイエットや健康志向のため体を動かすスポーツジムに通う人は年々増える傾向にあるので、スポーツジムでそれらの人にアドバイスを与えるトレーナーは人気の職業となっています。
スポーツトレーナーより一歩進んだ仕事として、スポーツプログラマーというものもあります。
この仕事では、ジムで運動をする人の体質や状態を調べ、そこから必要な食事や運動を提案などをしていきます。
スポーツプログラマーになるためにはスポーツの知識の他、栄養学や基本的な体のしくみについての医学的知識が必要になります。
人気のスポーツプログラマーになると個人へのお客さんもついてくれるようになるので、その後のキャリアにも活かすことができます。

スポーツインストラクターの場合には、トレーニングジムのように基本的な運動についてアドバイスをする仕事の外にも、ゴルフやテニスといった専門的なスポーツを教えるものがあります。

インストラクターの種類としては他にも、スイミングやスキューバーダイビング、スキー・スノボーなどがあげられます。

個別のスポーツインストラクターでは、学生時代などにスポーツを経験してきた人がやはり就職しやすいので、長く続けているスポーツがあるのであれば、インストラクターの資格を受けるようにしてみるとよいでしょう。

スポーツインストラクターに向いている人の性格としては、まず第一にスポーツが好きで自分で体を動かすのが好きな人です。

そこに加えて、人と話すのが好きでものを教えるのが好き、運動指導をするため自分の体調管理にきちんと気を使える人ということになります。
大人向けのインストラクターの他、最近流行ってきているのが子供向けの運動教室での講師です。
ジュニアスポーツチームのコーチになったり、託児施設で放課後の子供の健康指導にあたるという場合もあります。

スポーツクラブには大抵スポーツ用品のショップがあるものなので、そこで販売員として勤務を兼任するということもよくあるでしょう。

大切なのは、人とコミュニケーションを取りながら体を動かすという楽しさを適切に伝えていくことができるかどうかです。
意外にサラリーマンからの転職者が多いというのも特徴です。

Posted in 身体を動かすのが好き. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.