書を売る仕事

書道家の仕事について

世の中には様々な仕事がありますが、その中でも書を売る仕事というのもあります。
それが、書道家という仕事です。
書道はとても味わい深いものがありますが、これはひとつの作品として高く評価されることも多いです。
こうした作品を世の中に販売していくことも仕事として成り立ちます。

書道家になるには資格は必要なく、その作品が実績になっていきます。
そのため誰でも実は書道家になることができるのです。
あなたも自分の書を作品として販売することができれば書道家として認められ、そのクオリティが多くの方に認められれば日本だけでなく世界でも活躍できる可能性も秘めているのです。
興味がある方はこれからの人生を書の道で進んでみるのもお勧めです。

書道家の仕事は様々

書道家として仕事をする道は、書を売るだけでは実はありません。
もちろん書を販売することはひとつの大きな仕事ではありますが、これだけで十分な収入を得られる方は実際の所かなり少ないのが現状です。
書道家の多くはそれ以外にも書に関する仕事を行なっており、それで生計を立てています。
それが、書道を指導するという仕事です。

書道を学びたいという方は多くいます。
特に書道はその字体がとても特徴的で魅力的なものでもありますが、普段の字もきれいになるので子供に教えたいという保護者の方は多くなっています。
そのため、こうした子供に向けての書道教室をする事で、収入にすることができます。

また、最近は習い事を始めたいという大人の方も多くなっており、こうした方向けに大人の書道教室を開催することもできます。
あなたが大人の方と接する方が好きか、子供と接したいかを考えて教室を開くと良いでしょう。
子供も大人も参加できるというのは少し難しい面があるため、絞る方が効果的と言えます。
書道教室は全国的にもまだあまり数がある訳ではないので、自宅の近くで教室を開くことで需要が増える可能性もあります。
ぜひ下調べなどもしながら検討することをお勧めします。

書道家として勉強するには

書道の勉強をするには美大などで学ぶのが一般的です。
和風の美術について学べる大学などに入ることで専門的な知識や技術などを身に付けることができるので、学べる学校を探して書道家への道をスタートするのがお勧めです。
また、資格は必要がないので、学びたい書道家の方がいればその方に問合せをしてみるのも良いでしょう。
運が良ければ仕事をしながら書道について学べる機会があるかもしれません。

書道家として収入を得ていけるまでには時間もかかるかもしれませんが、やりがいも大きな仕事です。
向いていると思う方はぜひチャレンジする気持ちを持って取り組んでみてくださいね。

Posted in 芸術が好き. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.