転職で有利になる資格とは

転職で有利になる資格は、応募する求人によって異なる

資格を持っていると、転職活動をする上で有利になることがあります。
これから転職を検討するときには、「転職で有利になりやすい資格を取ってから、活動を始めよう」と考えることがあると思います。

転職をするときに有利になりやすい資格は、確かにあります。
資格がなくても良い転職をすることはできますが、時間に余裕があれば、以下に紹介する資格を取得しておきましょう。

転職で有利になりやすい、3つの資格

転職で有利になる可能性がある資格のひとつ目は、「普通自動車免許」です。
普通自動車免許を持っていると車を運転することができるため、外回りや取引先の企業へ出向くときに社用車を使うことができます。

普通免許を取得するには短期で2週間ほど、ある程度時間をかけて取る場合は1~2ヶ月ほどかかります。
費用は20万円ほどですが、持っていると転職の幅を広げやすいです。

特に営業職として転職を考えている場合、普通免許を持っていると外回りができるため、有利になりやすいです。
普通免許は誰でも取得しやすく、さまざまな場面で役立つため、取得するのはおすすめです。

次に持っていると良い資格として、「TOEIC」が挙げられます。
TOEICは英語試験の一種で、英語の能力が「スコア」として判定されます。
TOEICの満点は990点であり、高いスコアを取るほど「英語スキルを身につけている」として転職で有利になります。

特に外資系企業や貿易企業へ転職したい場合や、翻訳や通訳の仕事をしたい場合には、TOEICを受けておくべきです。
TOEICで高いスコアを取るためには、対策の勉強が必要です。
書店にTOEIC対策の参考書や問題集が市販されているため、購入して勉強しましょう。

最後におすすめの資格は「ITパスポート」というものです。
ITパスポートは「ITの基礎知識を持っていることを証明する資格」です。

ITパスポートは特に、IT企業へ転職を考える場合に役立ちます。
IT企業は未経験でも転職できる場合があるものの、ITパスポートの資格を持っていると面接で採用されやすくなったり、職場によっては待遇が変わったりすることもあります。
ITパスポートの勉強は誰でも取り組みやすいため、興味があれば取得を目指してみましょう。

あなたに合った資格を取ろう

このように転職活動をする上で、持っておくと良い資格は存在します。
ただ、「とりあえず持っていれば良いだろう」と考えるのではなく、あなたがどのような企業に転職したいのかを考えて、その会社への転職に必要な資格を取りましょう。
資格取得には費用も時間も必要なため、しっかりと確認をしてから勉強を始めるべきです。

Posted in 転職マニュアル. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.