ゲームデバッガーの仕事

持久力と観察力を必要とするゲームデバッガー

ゲームデバッガーは別名「ゲームテスター」と言われることもある、これから世の中にゲームを出す前にバグなどがないかをチェックするための仕事です。
ゲーム制作に関する仕事の一つではあるものの、ゲームプログラマやCGデザイナーといった職種とは異なり一通り完成したゲームをプレイしてみるというのが仕事となっています。

開発中のゲームをプレイしてみて、不具合があった場合の報告や、ゲームの世界観や設定などで問題になりそうな部分があったらその内容をまとめてゲーム制作者に伝えていきます。
一見ただゲームをしているだけの楽な仕事のように思えますが、実際の仕事の内容は何度も何度もゲームを繰り返して行いいくつかのパターンから不具合が起こるケースを見つけていきます。

完全に自分で自由に遊ぶのではなく、いくつかのケースを想定してその順番通りに操作をしていくという単純作業の繰り返しのようなことをしていくので一般的に考えられているよりもずっと仕事は大変です。
見つけたバグについては専用のレポートとして提出をし、製作者が修正をしたあとに再び同じようなことがないかということをまた一からチェックしていきます。

プログラミングなどの知識があるに越したことはないのですが、どうしてもゲームプログラミングをかじったことがある人が担当するとバグが起こりにくい動作を意識的にやってしまうことがあるので、あえてプログラミング技能のない人を採用する場合もあります。

品質を保証する大事な作業

ゲームデバッガーはゲーム制作課程の中における「品質管理業務」の一つとして位置づけられています。
人気のゲームタイトルということになると世界中でかなりの本数が出回ることになるので、販売前にできるだけ動作の不具合はなくしておくことが必要になります。

リリース直後に重大なバグが発見されるようなことがあるとそこで人気が大きく落ち込んでしまうこともありますので、ゲーム会社としては信用性を高めるために綿密にバグチェックを行っていきます。
バグの例としては「画面が突然消える(落ちる)」「想定しているような動作ができていない」「CGなど画面に表示されるグラフィックスやテキストが明らかにおかしい」といったことがあります。

慣れてくるとそうした技術的なことだけでなく「操作がしづらい部分がある」「説明がわかりにくい」といったUIに関する部分や、「キャラクターの容姿に違和感がある」「セリフがしっくりこない」といった部分までも意見としてまとめていったりします。

ゲームデバッガーになるには

ゲームデバッガーになるルートとして、IT業界を中心に求人情報を常にチェックする、というものがあります。
求人サイトはもちろん、いくつかゲーム開発会社のサイト自体を時々確認するのも良いでしょう。
デバッガーは大抵は学生アルバイトやフリーランスの人が非正規雇用で担当をします。

しかし販売前のゲームについては守秘義務が発生するので、きちんと規約とまもり決められた業務を行うという真面目さや几帳面さが求められます。

Posted in パソコンやゲームが好き. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.