DTPオペレーターになるには

DTPオペレーターは印刷物の入稿に関わる

DTPオペレーターという仕事をご紹介します。
Desk Top Publishingという言葉の略がDTPオペレーターのDTP部分です。
この言葉からわかるようにDTPオペレーターはパソコンを使って、グラフィックデザイナーやコピーライターが考案したデザインを印刷出来るような形にして入稿します。
その際には、グラフィックソフトやDTPソフトを使うので、それなりのスキルが必要です。

それに、人によって異なるさまざまな形のデザインを入稿させるとなると、なかなか難しい作業なので、誰でもすぐに出来るものではありません。
専門知識やスキルが必要ですし、それなりのセンスも磨かなければいけないでしょう。

会社勤めやフリーランスで活躍出来る

DTPオペレーターの仕事は印刷会社や出版社で行われますが、在宅でも可能なのでフリーランスで活躍する人もいます。
また、いったんは印刷会社や出版社等に就職してスキルを磨き、後に広告代理店にグラフィックデザイナーとして、キャリアアップとしての転職をしてより専門的な仕事を担う場合もあるでしょう。
いずれにしても、パソコンを使う専門性の高い仕事なので、将来的にも役に立つスキルであることは間違いないです。
特に女性の場合、出産後も在宅で働けるのは有難い事ではないでしょうか。

専門学校等で知識を修得

では、DTPオペレーターになるにはどのような学校に行ったら良いか、ご紹介します。
実はDTPオペレーターは特に資格はいりませんが、専門知識は必要なので、専門学校やパソコンスクールで学ぶことをおすすめします。
そこで学ぶのはillustratorやPhotoshopというMacのパソコンで使えるソフトの操作です。

独学では難しいので、きちんと学んでおきましょう。
その他、通信教育の講座でも学べます。
また、学歴に関しては特に必要ではないのですが、企業によっては大卒か専門学校卒しかとらないというところもあります。

取っておくと良い資格

DTPオペレーターで取っておくと良い資格があります。
DTPエキスパートやDTP検定です。
その他にPhotoshopクリエイター能力認定試験やIllustratorクリエイター能力認定試験に挑戦する人もいます。
このような資格があると、就職の際に有利です。

こういった資格は全て民間の資格で受講する際の条件は特にありません。
ご自身の興味のあるものやできそうと思ったものを、受講してみるのも良いでしょう。

臨機応変の対応が出来る人に向く

この仕事は修正なども多いので、臨機応変に対応できる人が向きます。
発想の転回などがすぐに出来る頭が柔らかいタイプの人です。
この仕事は自分の意見を通すよりも相手の意向を汲む事が大事でしょう。
また、修正の際に相手に気配りができる、情報を正しく共有できるという社会人としての常識やコミュニケーション能力も必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です