音楽が好きな人のための仕事

音楽業界も一時期ほどの人気は落ち着いたものの、若い世代を中心に大変人気のある職業となっています。
音楽に関する仕事として最も代表的なのが、音楽制作そのものを行っていくミュージシャンや歌手といったものがあります。
ですが音楽はミュージシャンがいればよいというわけではなく、それらの音楽制作を手伝うための数多くのスタッフによって成り立ちます。
音楽制作を自分たちだけで行うミュージシャンの他に、専業で作曲や作詞を行うスタッフがいたり、各歌手のために音楽を作り出すスタジオ・ミュージシャンといった仕事もあります。

また、J-POPのような歌謡曲を制作するのとは全く別分野として本格的なクラシックに関する仕事もしていくことができます。
ピアニストやバイオリニストなど特定の楽器のスペシャリストとなってCDなどを制作したり、定期的にコンサートをしていくという職業音楽家という道もあります。
楽器を演奏することの他、指揮者として楽団を指揮していくということもかなりの狭き門ではありますが多くの人の憧れとして目指されています。

その他にも広い意味で音楽に関わっていくものとしてはラジオディレクターやクラブDJといった音楽を広めていくという仕事もあります。
これまでは音楽に関する仕事としてはまずCD制作ありきとなっており、CDを何枚売り上げるかということによって音楽業界の利益が確保されてきました。
ですがインターネットが普及したことによりCDを購入する人は大幅に減少し、ネットでの音楽配信をすることにシフトをしてきています。
しかしそれら音楽配信の構造の変化に業界全体が対応できていないというのが現状であるため、今後どのようにして音楽を商業として行っていくかは断定ができません。

そうした流れの影響もあって今注目をされるようになっているのがイベントでの音楽配信です。
音楽配信はネットなどを通じて行い、収益そのものはライブやコンサートなどを行うことで回収していくというような営業スタイルが増えつつあります。
また音楽についてもこれまでは専業ミュージシャンが行うことが多かったのですが、ネットで自作の音楽を配信することで人気を得、そこからプロになるという人もここ数年で爆発的に増えています。
今後はまた違った形で音楽に関わる仕事が生まれていくことが予想されるので、これから音楽に関する仕事をしたいという人はそうした時代の流れもしっかり見極めつつ仕事を選んでいってもらいたいです。

Posted in 芸術が好き. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.