理容師になるには

理容師は男性の髪を切る仕事

理容師とは、お客様のヘアカットは、お客様の髭剃り、お顔のムダ毛剃り(シェービング)を行うことが出来る職業のことで、主に理容室、美容室をはじめとした店舗で働いている方が多いと言えるでしょう。

フリーの理容師として働く方も多く、自分で店を立ち上げて、自営業として理髪店を営む方も少なくありません。
また、理容師免許を取得してから、かつらメーカーなどの疑似毛髪関係の企業に就職をするという方も多いと言えるでしょう。

理容師になるには免許が必要

理容師になるためにはまず、理容師免許を取得しないことには始まりません。
理容師免許を取得するためには、二年以上の専門の養成施設で実習訓練を行い、試験に合格する必要がありますので、まずは、専門学校、養成施設などに通って、理容師免許の取得を目指しましょう。

理容師免許を独学で取得することはできません。
必ず、実習訓練を受けないと、そもそもまずは受験資格を得ることが出来ませんので、必ず養成施設に通い、理容師として必要な技術を身につけましょう。

免許を取得しても、しばらくは修行の身で、すぐにはカットなどをさせてもらえませんので、その間に独学で技術を磨きつつ、先輩のカット技術、接客スキルなどを勉強するようにしてください。

理容師に必要な資格やスキルといえば

上記の通り、理容師免許がないと理容師として働くことはできません。
理容師免許は国家資格になりますので、しっかりと実習技術を学びながら、国家試験の勉強をしていく必要があると言えるでしょう。

また資格とは違いますが、理容師は刃物を取り扱うお仕事ですので、手先が器用であることも必要スキルになります。
免許を無事に取得しても、シェービングに失敗して血みどろになるという事故は実は少なくありませんので、そうした大惨事に繋がってしまわないためにも、手先を器用にするために、日々努力を行いましょう。

更に、専門技術を学ぶだけではなく、理容師はお客様の要望に応えることが出来るように、ヘアカット技術を学び、その時その時に応じて対応することが出来るように、日々勉強をしていく必要があるでしょう。
肩もみなどのマッサージを行ってくれる理容師さんも多いので、マッサージの技術もある程度は学び、お客さんの満足度をアップすることが出来るように、サービス精神を学ぶと同時に、あくまで接客業ですので、接客スキルを身に着けることも必要です。

理容室は特に利用者が男性が多く、一度お店として気に入られてしまえば、常連さんが来やすい場所ですので、接客スキルやサービススキルをしっかりと学んで、常連さんをゲットすることが出来るような気配り精神を忘れてしまわないように心がけましょう。

Posted in 美容・ファッションが好き. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.