ビューティーアドバイザーになるには

ビューティーアドバイザーは美のプロ

ビューティーアドバイザーとは、いわゆる美容部員のことで、お客様にピッタリの化粧品や、お客様のメイクに関する悩みなどを聞き、悩みに応じた化粧品をお勧めする働きを行う、いわば、メイクのプロ、美容のプロであると言える存在だと言えるでしょう。

ドラッグストアをはじめ、百貨店、化粧品専門店など、様々な化粧品会社の化粧品売り場で勤務をする方が多く、来店されたお客様とお話をし、実際にメイクを施してみたり、お客様の悩みにお答えする、アドバイスをするというお仕事を行っていく仕事内容だと言えます。

またお客様の肌の状態に応じて、適切な化粧品をおすすめし、メイクアップ方法などを伝授するということも、ビューティーアドバイザーのお仕事だと言えるでしょう。

ビューティーアドバイザーになるために学ぶこと

ビューティーアドバイザーになるためにはまず、基本的メイクアップ技術や、化粧品知識を身に着けることが必要になりますので、まずはそうした基本的技術を学ぶために、専門学校に通う方が多いでしょう。
美容系専門学校、メイクアップアーティスト系専門学校など、道はいくつかありますが、いずれもメイク技術を学ぶことが出来る場所を選ぶことが大切になります。

こうした専門学校で学ぶことで、卒業後就職活動に有利になりやすいと同時に、様々な化粧品会社の情報を手に入れることが出来やすくなりますので、ビューティーアドバイザーを目指す方には、おすすめの道であると言えるでしょう。

必要な資格やスキル

特に必要なスキルや資格などがありませんが、基本的に接客業になりますし、お客様と会話を重ねて、お客様の求めるものを提供する必要がありますので、高いコミュニケーション能力、高い接客能力が問われるようになると言えるでしょう。

また、お客様の肌の色や顔の形、お客様それぞれの好みなどによって、メイク方法も変える必要があることから、メイクアップ技術のみではなく、柔軟な対応力、発想力が必要になると言えます。

卒業後の進路によっても異なりますが、化粧品会社の場合は、会社商品の特徴を一つ一つ詳しく理解し、成分なども把握しておく必要がありますので、幅広い知識はもちろん、就職をした後でも、勉強をし続ける努力も必要になってきます。

また就職をする際に、専門学校や短大卒業以上と明記している場合も多いので、応募要項をよく見て、応募をすることも必要になります。

このように、ビューティーアドバイザーはメイクに関しての幅広い知識、技術が必要になると言えますので、専門学校などで基本的技術を学んでから、職場で更に応用力を磨いていくことが必要になると言えるでしょう。

Posted in 美容・ファッションが好き. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.