ネイリストになるには

ネイリストの仕事内容

ネイリストとは、お客様の爪を整えてネイルを施し、美しい指先を提供する職業のことです。
実際にネイルを塗るだけではなく、爪の形を整えたり、お客様に似合いそうなネイルを提案したりと、指先に関することだけではなく、トータルコーディネートを考えたうえでネイルを行っていく必要がありますので、正に、爪のエキスパート、美容のエキスパートとも言える存在だと言えるでしょう。

就職先としては、ネイルサロンが一般的ですが、ネイルアーティストとして様々なネイルを提供したり、自分自身で独立開業してネイルサロンを開く方、フリーで活動し、呼ばれた時に出向いてネイルを施す方など、様々な働き方があると言えるでしょう。

ネイリストのやりがい・なる方法

ネイリストになるためにはまず、基本的なネイル技術、そして、どんなネイルがあるのかというトータルコーディネートの知識を身に着ける必要があります。
もちろん独学でもネイリストとして活躍されている方は多いのですが、全く知識が無い状態から始めるという場合は、ネイリストの専門学校に通うことが無難だと言えます。

ネイリストの専門学校では上記のようなネイルに関しての知識の他にも、衛生面などに関しての知識、爪の手入れ、接客に関しての知識を学ぶことも出来ますので、一番無難で、一番確実である方法だと言えるでしょう。

ネイル用品を一式手に入れることが出来る学校も多いので、道具が何が必要なのかわからないという方でも、安心して一歩を踏み出すことが出来ると言えます。

ネイリストのための資格や検定

ネイリストとして働くために具体的に必要な資格などはありませんが、就職先を見つけやすくするためにも、ネイルに関してのより深い知識を身に着けるためにも、そして、お客様からの信頼を得るためにも、ネイリスト検定という資格を取得しておいた方が良いと言えるでしょう。

ネイリスト検定を受けるためには、専門学校などに通う必要などなく、試験に合格してしまいさえすれば、資格を得ることは可能です。
ですが、独学で受けるには非常に難易度が高く、特に1級に至っては、なかなかな難易度であることが知られています。
また、ジェルネイルの取り扱いを行う店舗も増えたことから、JNAジェルネイル技能検定試験という検定もありますので、そちらも取得をしておくことで、より有利になると言えるでしょう。

後はある程度の美的センスと、接客スキル、お客様の仕事状況などに合わせたネイルを提案できるかどうかなどの提案力を始めとした、トータル的な部分が必要なスキルとなりますので、こうしたスキルを学ぶためにも、専門学校で勉強がおすすめであると言えるでしょう。

Posted in 美容・ファッションが好き. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.