子供と触れ合う仕事

子供と触れ合う仕事は、日常的にかわいくて無邪気な子供と一緒に過ごす時間をとることができるとてもやりがいのある仕事です。

子供を預かるということは、その子の身体を危険から守るとともに社会生活のルールを守れるようにしていくという責任ある役割を担うことでもあります。

仲良くするだけでなく、責任を持って接していくことは簡単なことではありませんが、その分感謝の言葉をかけられたり笑顔を向けられたりするときの嬉しさはひとしおです。

人と触れ合うことが好きな人は子供が好きという人も多いでしょうから、積極的にそうした仕事を見つけてみてください。

子供と触れ合うことができる仕事といえば、まっさきに浮かぶのが保育園や幼稚園への勤務です。

保育園や幼稚園は国や自治体の許可を得て行う仕事であるため、就業をするためには保育士や幼稚園教諭といった資格を持っていなくてはいけません。

しかし現在では子供を預けたいと思う人の数に保育施設が追いついていないという現実もあるため、民間の施設で託児を行うところもたくさんあります。

ですがそのような子供を預かるということが仕事になる場合には、本人ないしその事業所に責任者が置かれていなくてはいけないことになっています。

 

子供と触れ合うことができる仕事は保育施設関連だけではありません。

最近は子供に熱心に習い事をさせていく親もたくさんいるので、それらの子供を対象とした習い事の先生になると、短い時間で教育などを担当していくことができます。

例をあげれば子供向けのスイミングインストラクターや、子供パソコン教室、または子供絵画教室、子供英会話スクールなどの講師です。

他にも習い事はたくさんあるので、自分の得意な分野を生かして先生になれば楽しんで勉強をしつつも子供を相手にしていくことができます。

 

子供の心にもっと寄り添いたいという場合なら、児童指導員や児童福祉司を目指すという方面もあります。

児童指導員とは、児童養護施設や障害児施設など日常生活を送ることに支障を感じている子供に対して、そのサポートをしつつ自立できるようにケアをしていくということが仕事になります。

また児童福祉司は児童相談所や児童家庭支援センターなどに勤務します。

乳幼児から18歳までの子供に対してその家庭環境など問題はないかという相談を受け付けて適切な対処方法を提案していくという仕事です。

託児所や習い事教師に比べてかなり責任は重くなりますが、それだけ社会や子供のために役立つ仕事です。

Posted in 人が好き. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.