会話を支える仕事

通訳の仕事をご紹介

会話を支える仕事として、通訳の仕事があります。
通訳では外国人の方に日本人の方の言葉を翻訳して伝えたり、逆に外国人の方の話を日本人に伝える役割を果たす仕事です。

最近では海外とのやり取りも様々な場面で多くなっており、今後グローバル化が進む中でさらに機会は増えることが予想されています。
そのため、通訳もより必要とされる時代が来ると考えられています。
今後の将来性も大きな仕事なので、今から検討してみるのもお勧めの仕事です。

通訳になりたい人に必要なもの

通訳になりたい方に必要なものとして、まずは語学スキルが挙げられます。
通訳の仕事に必要な語学スキルは他の職種よりも高くなっており、ネイティブのようなスキルが求められる場合もあります。

通訳の仕事にも種類があり、逐次通訳と同時通訳というものがあります。
逐次通訳では話の中で時々区切りを入れながら、その都度翻訳していく方法です。
また、同時通訳というものもあり、こちらは話されていることをそのままどんどん翻訳していくという方法です。
同時通訳の方が求められるスキルは高くなっており、より高度な仕事と言えます。
同時通訳は通訳の仕事の中でも花形と言われており、大事な商談などの通訳を依頼される場合もあります。

最初から同時通訳ができるレベルの語学スキルが求められる訳ではありませんが、今後通訳としてステップアップしたいという方はネイティブレベルでビジネスなどで通用する語学スキルを習得すると良いでしょう。
時間はかかるかもしれませんが、それだけの価値はあるスキルと言えます。

また、コミュニケーション能力も必要になる仕事です。
通訳では常に人と接する事になるので、単に話している内容を訳せるというスキル以外にも人と人とのコミュニケーションが好きな方はより仕事がしやすくなります。
あなたが常日頃から人と接することが好きかどうかも確認しておくと良いでしょう。

じっくり検討して通訳を目指そう

このように通訳には求められるスキルもあります。
求められる語学スキルは高いですが、その分仕事を始めた際には良い仕事に直結してくれるので、ぜひ身に付けておくと良いでしょう。
通訳はやりがいも大きな仕事なので、興味がある方はぜひ目指してみることをお勧めします。

通訳になるためには資格は必要ありませんが、英語のスキルを図るためのTOEICなどのスコアは高い点数を取っておくとより語学スキルの証明になります。
また、最近では中国語などの通訳の需要も伸びているので、中国語を身につけている方も活躍のチャンスは多いです。
最近はこうした英語以外の語学スキルも必要とされているので、ぜひ身に付けておくのもお勧めです。

Posted in 人が好き. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.