飲食店-パティシエになるには

人気上昇中の職業

パテシエとは、主に洋菓子店に勤務してお菓子作りをするための仕事です。

小学生などを対象にしたアンケート調査では、「パテシエ」ないし「お菓子屋さん」といったような回答をする人の割合はかなり高く、人気の職業として定番になっています。

テレビなどをみても有名店のパテシエが芸能人と付き合ったり結婚をしたりというようなニュースもちらほらと聞かれており、世間的な知名度も高いこともプラスに働いているようです。

世界規模で開催されているパテシエのコンクールでも日本人が上位入賞を果たしていることも珍しくなく、日本のお菓子作りの技術の高さを支える大変やりがいのある仕事であると言えるでしょう。

ただしパテシエとして有名になるためには、お菓子作りのための技術はもとより、芸術的なセンスや企画能力なども必要になってくるため、常に勉強をし続けていくための気持ちがないとなかなか続けていくことは難しいようです。

ですのでお金をたくさん儲けたいからという動機ではなく、純粋に「お菓子を作るのが好き」という気持ちを動機として持ち続けることができるかどうかということが重要になります。

パテシエになるためには

パテシエになるための一般的なルートとしては、まず高校を卒業した後に製菓科のある専門学校への進学をするという方法があります。

製菓の専門学校は、一般的には調理師を養成するための専門学校に併設されていることが多く、学校に通うことでいくつかの資格やスキルを同時に身につけていくことができます。

「パテシエ」という名称は世間的にはよく知られていますが、資格や職業の名称としては定着しているわけではないため、専門学校においては「製菓科」といったような名称で学ぶことになります。

ちなみに卒業後にどこかのお菓子屋さんに勤務するときに必ず必要となるような資格はありません。

パテシエを目指す人を見ると必ずしも高校生のときから真っ直ぐに目指しているわけではなく、一旦は別の仕事に就いたけれども改めて夢を追いたいと思うような人も多くいたりします。

そのため製菓の専門学校では社会人向けの夜間専門のコースなども用意されていたりします。

実際の就職状況

人気のパテシエという職業ですが、世間全体を見ると決して求人件数が多いというわけではありません。

むしろどこかの店舗で製菓のみを行うという仕事の場合にはどうしても「見習い」というふうな立場になるためそれほど高い給与を得ることが出来ないというのが実情のようです。

専門学校を卒業しても、そこで身につけられるのはあくまでも基本的な技術や知識のみなので、実際の現場で役立つスキルは仕事を通して少しずつ経験を積んでいくということになります。

大手のホテルや製菓店での求人ではいきなり正社員となることは少なく、まずは契約社員やアルバイトとしてスタートをしてそこから少しずつランクアップしていくというルートが一般的です。

ただし製菓技術は身につけたらなくなることのない手に職をつけるためのものであるため、経験を積んで一人前になったあとにはさまざまな方面で自由に仕事を選んでいくことができます。

Posted in 人が好き. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.