経験ありと未経験、それぞれの転職について

経験の有無で、転職のしやすさは大きく変わる

転職をする上で大切なポイントとなることに「経験の有無」があります。
転職先の仕事と似た内容の業務を経験したことがある場合、転職しやすくなります。
その理由は企業があなたを「即戦力」として考えてくれやすいためです。

また、経験があることは、仕事内容や待遇にもプラスの影響があります。
すでにある程度のスキルや経験があれば、企業はより高いレベルの仕事を任せることができます。
そしてそれに伴い、収入も伸びやすくなります。

このように経験があると、転職はスムーズに進みやすいです。
ただ、経験がなくても、良い転職を実現することは可能です。

未経験での転職は、新しい可能性がある

未経験の業種や職種に転職する場合、確かに転職活動自体は大変になりやすいです。
これまで経験のない仕事をすることになるため、一から企業に自分をアピールする必要があるためです。

ただし未経験の転職では、「これまでとまったく違う業界や職種にチャレンジできる」というメリットがあります。
多くの人が、今の経験やスキルの延長で今後の仕事を考えます。
しかし未経験から新しい仕事を始める場合、あなたがこれから取り組みたいことを、自由に選ぶことができます。

今までは安全な道を選んでいたけれど、思い切って憧れの業界にチャレンジすると、未経験からのスタートでも「転職した良かった」と感じられるはずです。
未経験ということは、「新しい可能性が、大きく広がっている」ということでもあります。
じっくり自分について考えて、あなたにとってベストな道を選びましょう。

未経験からの転職が可能なのは一般的に、「30代前半まで」です。
企業によっては20代後半から未経験の転職が難しくなることもありますが、さまざまな企業の面接を受ければ、30代前半でも未経験の仕事を始めることは可能です。
ただ、転職活動は時間がかかることを、あらかじめ頭に入れておきましょう。

今後は経験を積んでいくべき

転職活動を通して未経験から新しい仕事を始めることになったら、今後はその業界や職種でキャリアを積むように意識しましょう。
いつまでも未経験のまま年齢を重ねると、「何も経験・スキルが身についていない人」になってしまいます。

これからの時代、何か強みになる経験やスキルがないと、収入を伸ばすことはできません。
一時的に未経験の仕事を始めることは良いですが、将来をしっかり考える必要があるのです。

経験ありの転職と未経験からの転職には、このような違いがあります。
どちらの転職にも、メリットとデメリットがあります。
それぞれの場合について、良い点と悪い点をしっかりと把握して、あなたに最適な企業や仕事を見つけましょう。

Posted in 転職マニュアル. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.