バイクが好きという人のための仕事

バイクが好きという人なら、やっぱりバイクに毎日触れることができる仕事を選びたいことでしょう。
バイクに関する仕事をピックアップすると、まず最も最初に考えつくのが「バイクの修理工場」での勤務です。

バイクの修理工場では、事故や故障にあってしまったバイクを直して乗れるようにしたり、大型バイクの車検をしたりといった業務を担当します。
普段から自分のバイクによく手を加えていて、機械や電気系統にきちんと知識のある人にはぴったりの仕事です。
ですが、最近では若者のバイク離れが進んでいることもあり、バイクの整備工場そのものは年々縮小傾向にある市場です。
一定のお客さんがついている個人の工場が修理やメンテナンスを行っていることもよくあるので新たに入っていくというのは厳しい面もあるかもしれません。

あまり修理や改造に興味がなく、ただバイクに乗るのが好きという人に向くのが「バイク便」での配達の仕事です。
バイク便は都内など車では渋滞が起きやすい地域ではかなり需要が高く、今後もなくなることはないと思われる仕事です。
好きなバイクに毎日ずっと乗っていれるのですから、好きな人にとっては楽しく続けていける仕事と言えるでしょう。
ただしそこはやはり仕事なので、ある程度の覚悟も必要です。
雨の日や雪の日など、コンディションの悪い日であっても休むというわけではありませんし、事情があって配達が遅れた場合には自分のせいでなくても謝らなくてはならないこともあります。
事故や故障が起きた時など、もしかしたら修理費や治療費は自前で負担をしなければならないということもあるかもしれません。
その点を踏まえつつ、それでもバイクに乗るのが大好きという人であればよい仕事と言えます。

バイクを使った仕事の中でも、最近人気が急上昇してきているのが、「バイク買取」の仕事です。
最近はバイク買取を行う専門業者がよく見かけられますが、バイクを引き取る時にはその価値を査定する人材がどうしても求められます。
参考:バイク買取専門店のバイクワン

バイクの価値がわかるのはやはりバイクに詳しく、自分も好きであるという気持ちを持っている人です。

持ち主がどんなふうにバイクに愛情をかけてきて、どんなメンテナンスをしてきたかがわかるためには、実際に自分でもそれをしたことがある人でなければいけません。

たくさんのバイクに日常的に接することができ、また販売ノルマを課されるストレスもないのでバイク販売に比べると精神的ストレスが少なく済みます。
クルマ、バイクが好きで、人と接することが苦でないという人にはお勧めの職種です。

Posted in 機械が好き. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.