ゲームプログラマーになるには

ゲームプログラマーの仕事とは

ゲームプログラマーとは、私達が普段遊びに使っているビデオゲームを実際に動かせるようにするためのプログラミングをしていく仕事です。

テレビゲーム・ビデオゲームは筐体を使った専用のものの他、携帯電話やスマートフォンを使ったものなどがあります。

それらの画面を通して行われるゲームでは、遊ぶ人が何らかの操作をしたときに命令通りに動かすことができるようにするためのプログラムを組まなくてはいけません。

ゲームプログラマーではコンピューター言語として使用されているC++やjavaといった言語を用いてゲームデザインを行う人の要望に従う形でプログラムを作っていくという仕事になります。

大手のゲーム開発企業などでは、一つのゲームを作っていくためにゲーム全体の企画を行うプロデューサーをトップに、ゲームデザイナーやゲームプログラマーといった複数の技術者がそれぞれの役割をこなしながら作り上げていくことになります。

ですが小規模なゲーム会社やベンチャー企業などでは、プロデュースからデザイン、プログラミングまで一人や数人だけで行うというようなこともあります。

ゲームプログラマーになるには

ゲームプログラマーになるためには、まずはしっかりとしたプログラミングの知識が必要です。

最近では小学生くらいのときから自宅のパソコンを使ってプログラミングをしているような人もいるようですが、個人として楽しむ場合と企業としてお客さんを相手に提供できるものを作るのとではかなり勝手が違ってきます。

プログラマーになるために必須の資格や学歴があるわけではありませんが、やはりきちんと職業として就職をするときには専門学校などで基礎的な部分を含めた勉強をしておくことが重要です。

専門学校に進学をする場合には、高校を卒業した後ゲームやコンピューターデザインなどを扱う学校に進むのが一般的です。

ゲーム系に強い専門学校では、プログラミングのための技術の他にも、ゲームの企画から実際にリリースするまでを体験できるようにしているところも多いので、そうした実践に役立つところにするとより就職のときに有利になるでしょう。

実際の就職場所

ゲームプログラマーの就職先となるのは言うまでもなくゲーム開発企業などです。

最近ではモバイル・アプリの開発の一貫としてゲームを企画するところも増えていますが、ゲームプログラマーを専属で必要とするような高度なゲームを提供する企業というのは限られてきます。

そのため専門学校などを出てから就職先を探すというときには、ゲーム開発企業やIT系のベンチャー企業が一般的になります。

ですが実際のところ、ゲームのためのプログラミング技術だけで高い給与を受けるというのはかなり難しいというのが現状のようです。

というのもゲーム業界はプログラマーにとってはかなり厳しい環境にあることが多く、他のプログラマー職やSEの仕事に比べて給与水準が低い傾向にあるためです。

そのためより安定的に収入を得るには、ゲームプログラムだけでなく企画や開発など何らかのプラスになるような技術を習得しておくのがよい方法と言えます。

Posted in パソコンやゲームが好き. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.