職務経歴書の効果的な書き方

職務経歴書は、転職をする上で重要な書類

転職活動をする上で大切なポイントはたくさんありますが、その中でも職務経歴書の作成は、とても大切なポイントです。
職務経歴書は「あなたがこれまで、どんな仕事をしてきたのか」を説明するための書類です。
企業の面接官は職務経歴書を見ることで、あなたが経験やスキルを活かして自社で働けそうかどうかを判断します。

ただ、特に転職活動を初めて行う場合、職務経歴書の書き方で迷うことがよくあります。
そのためここでは、職務経歴書の効果的な書き方について紹介します。

職務経歴書を書く上でのポイント3つ

職務経歴書を書く際には、3つのポイントを意識すると良いです。
ひとつ目は、「できるだけA4用紙1枚に収める」ということです。

人によっては自分の経験やスキルをしっかりアピールしようと考えて、職務経歴書を2~3枚ほどのA4用紙にまとめることがあります。
しかしできるだけ職務経歴書は、A4用紙1枚に収めるほうが好印象です。
その理由は「企業の採用担当者が確認しやすいため」です。

企業の採用担当者は、忙しい毎日を送っています。
たくさんの転職希望者の書類を確認する必要がある中でA4用紙2~3枚を送ってくる人がいると、確認作業が大変です。
あなたは「職務経歴書をたくさん書けば、それだけ熱意を伝えられるだろう」と考えるかもしれません。
しかし企業の採用担当者は、「職務経歴書は、A4用紙1枚にまとめてもらうほうがありがたい。この転職希望者は、書類をまとめる力がないのか」と考えやすいのです。

つまり職務経歴書は、採用担当者の立場を考えて書く必要があります。
できるだけA4用紙1枚に、まとめて書きましょう。

2つ目のポイントとして、「転職先の事業内容に合わせて、経験やスキルを書く」ということが挙げられます。
転職先企業の採用担当者が知りたいことは、「あなたが自社に役立つ経験やスキルを持っているか」ということです。
転職先の企業がIT企業なら、できるだけその企業で行なっている事業に関係ありそうな経験やスキルを職務経歴書に書くべきです。
やみくもに「何でも書けば良い」というわけではないため気をつけてください。

3つ目のポイントとして、「見やすさ」を意識して書類を作成しましょう。
ぱっと見て何が書いてあるのか分かりにくい書類は、それだけでマイナス印象をもたれてしまいやすいです。

ポイントを押さえて、効果的な職務経歴書を作成しよう

このように職務経歴書は、きちんとポイントを押さえて作成する必要があります。
職務経歴書は転職活動を進める上で、非常に大切な書類です。
上で紹介した点に気をつけて、効果的な応募書類を作成しましょう。

Posted in 転職マニュアル. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.