森林インストラクターになるには

森林インストラクターは森の案内人

森の案内人ともいわれる森林インストラクターという仕事をご存知でしょうか。
森林インストラクターは森林について豊富な知識や経験があり、私たちが見落としがちの森林の危険性などを教えてくれます。

知っているようで知らない森林の危険は、私たちが思うよりも多いものです。
こうした立場の人がいてくれると、森林でのキャンプやハイキングを行う際に安心できるでしょう。

森の魅力を多くの人に発信する

森林インストラクターは、危険性のみでなく森の魅力も教えてくれます。
例えば、どんな植物があるか、どんな動物がいるかということやバードウォッチングやキノコ採りや山菜採りや森林浴に関しての知識も豊富で、引率していろいろと教えてくれるのです。
また、子供たちの林間学校や自然教室に協力することもあり、子供たちに森林の魅力を教えます。
このようにして、森林インストラクターは人と自然を結びつける仕事をするのです。

公的機関や民間企業で活躍

森林インストラクターが公的機関で働く場合は、都道府県の農業課や林務課の職員や国立公園のビジターセンターなどの職員という立場でしょう。
民間企業の場合は、アウトドア関連のグッズが売っているお店の店員や森林ツアーを組む旅行関連の会社の社員などが考えられます。

その他にNPOで働くということもできます。
NPO主催のキャンプなどで、その力が発揮できるでしょう。

資格試験に合格しなければいけない

では、このように多岐に渡る森林活動ができる森林インストラクターになるには、どうすればよいでしょうか。
実は森林インストラクターになるには、試験に受からなければいけません。
その試験は、社団法人全国インストラクター協会が主催する資格試験で合格すれば、社団法人全国インストラクター協会の名簿に名前が登録されます。

地方自治体やNPOで森林インストラクターとして活動できるのは、この試験に合格している人のみです。
森林インストラクターの仕事依頼は、この協会を通して来るようになっています。

プレゼンテーション能力と危機管理能力が必要

森林インストラクターに向いている人はどのようなタイプの人でしょうか。
まずはプレゼンテーション能力がある人が考えられます。
なぜならば、幅広い年齢層のお客さまにわかりやすいだけではなく、笑いが起こるような楽しいガイドができないといけないからです。
プレゼンテーション能力に長けている人であれば、こうしたことをうまくこなせるでしょう。

そして、自然についての正しい知識を人々にきちんと教えられる能力も必要ですし、あり得る危険を想定しながら、注意深く行動する危機管理能力も必要です。
このような力が備わっている人が、多くの人の命を預かる森林インストラクターに向いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です