アウトドアインストラクターになるには

専門知識を活かしてアウトドアの楽しみ方を伝える

アウトドアインストラクターという仕事があるのをご存知でしょうか。
この仕事はアウトドアに関する専門知識を活かし、人々にあらゆるアウトドアの楽しみ方をレクチャーします。
たとえば、アウトドアスクールなどの講師を務めることができますし、自然のあるところでインストラクターとして教えることもできるでしょう。

どんなことを教えられるかというと、キャンプやグランピングを教えるのも良いですし、登山やスカイダイビングやパラグライダーを教える人もいるでしょう。
その他にスキーやスノーボードなどが得意で教えるという人もいます。

また、豊富な自然に関する知識を持っている人は、山岳ガイドや自然ガイドもできますし、自然教室などを開くことも可能です。
その他、活動としてあらゆる年齢の人たちに自然で楽しめることや自然がどんなに大切なのかを伝える活動をしている人もいます。

活躍の場はいろいろとある

アウトドアインストラクターの活躍の場をご紹介します。
まずは林間学校や自然教室を主宰したり、登山やアウトドア用品を販売したりできるでしょう。

また、お店主催のイベントでガイドやインストラクターを務めることも可能です。
そして、人によっては、旅行関連の会社に就職して、そこで登山や自然を散策する際のガイド役を担ったりできます。
その他にスポーツインストラクターとして、ジムや専門の施設で働く人もいるでしょう。

普及団体の資格を取る

アウトドアインストラクターには特別な資格は特にないのですが、民間や普及団体の資格を取っておくとよいでしょう。
より多くの知識がほしい場合や指導を専門的にしたい場合に役立ちます。

また、急なケガに備えるために救急の知識なども必要です。
アウトドアスポーツやレジャーというとケガがつきものでしょう。

専門知識を学んでおくと良い

では、この仕事を担うにはどんなことを学ぶとよいものでしょうか。
まずは、大学でご紹介しますと、スポーツインストラクター育成の学部やスポーツ学科などが良いです。
こういった学科だと身体能力を高められるので、アウトドアインストラクターを目指すには最適でしょう。

より早く知識を学びたい人におすすめしたいのが専門学校です。
専門知識のみでなく、資格を取れる学校もあるので、こういった学校に興味のある人はチェックしてみてください。

自然好きな人に向いている

この仕事に向くのは、何といっても自然が好きという人でしょう。
そして、屋外で過ごすことに抵抗がない人や自然に関してのメリットのみでなくデメリットにもなるあらゆる知識が豊富という人も向いています。

また、お客様相手になる仕事なので、コミュニケーション能力の高い人や人を楽しませるのが好きという人にも向いた仕事です。
そして、人に自然の良さを伝えたいという気持ちを持っていることも大事でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です