家具職人の仕事

家具製作会社に就職して家具職人になる

家具職人はその名の通り、家具を作る人です。
では、家具職人になるにはどうしたらよいのでしょうか。

家具職人になる方法はいろいろ考えられますが、その一つに家具製作会社に就職するという方法もあります。
たとえば、中学や高校、大学などを卒業した後や転職などでそういった会社に就職すれば、家具職人の道が開けてくるでしょう。

家具関連の学校もある

就職する前に職業訓練校や家具関連の学校で、家具製作を学ぶという方法もあります。
しかし、学校卒業で家具職人にいきなりなれるということではないです。
卒業後は家具関連の会社や家具を作る工房に就職するとよいでしょう。

就職後は、こうした学校で学んだことは活かせるので、人によっては学校を出ていきなり就職するよりも仕事がスムーズにいくかもしれません。
たとえば、学校で学んでいれば、家具つくりのための図面が読めますし、機械や道具をどのように使えばよいかもわかりやすいでしょう。
それに、学校で就職支援をしてもらえる場合があります。

弟子入りという方法

昔ながらの方法ですが、家具職人に弟子入りすることもできます。
たとえば、家具関連の会社や工房で先輩の職人について見習いとして働くのです。
もしも、工業高校の建築科やインテリア科卒の人であれば、基礎的なことを学校で学んでいるので、仕事も覚えやすいでしょう。
図面の読み方などを学校で教わっていることも多いです。

どんな資格が必要?

必要な資格というよりも、家具関連の資格を取っておいた方が実力証明になるので、就職しやすいでしょう。
そのような家具関連の資格には、どのようなものがあるかご紹介します。

まずは家具製作技能士です。
この資格は国家検定制度で家具職人の技術力を認定するもので、種類は1級と2級になっています。
次に、木材加工用機械技能主任者という資格をご紹介しましょう。
この資格は国家資格で、木材加工に使う機械がある作業場を安全に保つための管理体制の知識です。

向いているタイプ

では、どんなタイプの人は家具職人に向いているのでしょうか。
まず、考えられるのは手先を動かすことが好きな人です。
言うまでもなく、家具職人は手先を使う職業なので、そういったことが好きな人でないとできない仕事でしょう。

そして、日々の創意工夫や努力も必要です。
より素敵な家具、使いやすい家具など、クリエイティブなことを考えるのが好きな人も向いていますし、好きなことや仕事のために努力を惜しまないタイプの人も向いています。
時には、時間を忘れて集中できるようなタイプでないと、なかなか長続きしないような仕事です。
そういった創意工夫や努力は、人々に喜ばれるような素晴らしい家具に活かされることはまちがいないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です